いつか蝶々になる日

蝶々のように華麗に羽ばたくことを夢見る男の、 単なる妄想的雑感

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

驕りと屈辱~WBC

 WBCで日本が優勝した。

 一旦1点差に持ち込まれた時はハラハラしたものの、日本選手が予想以上に活躍してくれたおかげで見事キューバに勝つことが出来た。



 今日は家でテレビの前で試合を観戦。

 試合が終わった後、NHKにチャンネルを合わせる。

 やっていたのは大相撲。

 まだ十両の時間だった。


 そこで注目されていたのは来た把瑠都(バルト)関。

 しこ名の通り、エストニア出身の力士だ。


 彼を含め、現在の相撲界は外国人が多い。

 朝青龍やら琴欧州やら。

 相撲は日本の国技とか言われていながら、活躍しているのは日本人ではない。

 外国から優秀な人材を集めるのは、その競技を盛り上げるためには良いこと。

 でも自らを発祥の国と名乗るからには、その国の選手がトップに立っていなければならない。



 同じことは野球にも言える。

 ベースボール発祥の地で行われた今回のWBC。

 世界最高の実力を見せつけようとしたアメリカチームが、決勝トーナメントにも出られなかった。


 ある種の驕りがあったのだろう。

 プライドを持つのは良いが、一歩履き違えるとそれは驕りとなる。


 他所から本場を目指してくるものの方は驕りとは逆のものを持っている。

 ハングリー精神と言うものを。

 どれほどメジャーを目指す外国人選手が多いことか。



 驕りを持っていたのは日本チームとて例外ではない。

 イチローはアジア予選の前に言った。

 向こう30年は日本に手は出せないなという感じで勝ちたいと。

 日本はアジアでは最強だと思っていたのだろう。


 これが韓国チームの心に火をつけた。

 その結果日本は韓国に2連敗。

 2回目の敗戦はイチローの野球人生でもっとも屈辱的な日となる。


 日本はここで目が覚めたから良かった。

 本来のハングリー精神を取り戻せた。

 3回目にして韓国を打ち破り、その勢いで優勝までした。



 今一番屈辱を味わっているのは誰だろう?

 もちろんアメリカであろう。

 次回大会までに驕りを捨て去ることができるだろうか。

 そこが発祥の地にふさわしいチームを作れるかのポイントだと思う。



  1. 2006/03/21(火) 00:00:00|
  2. 気づき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<CMソング('76~'77) | ホーム | アイドルと金貸しと>>

コメント

大相撲

そうなんです!

自分は小錦~曙の一連のハワイ勢が頭角を現した頃から将来を危惧していました。

外国人力士・・・うん、その存在そのものは構わない。

でもやはり国技たるもの、和製で、国産でもっと頑張っていただかないと。



MLBもキューバやベネズエラ、プエルトリコ等の選手に席巻されて久しい、日本の相撲事情と同様の現象がありますよね。

島国ニッポンと移民の国アメリカではまた事情も違うでしょうが。

・・・おろ、熱くなって、長くなってすみません。

  1. 2006/03/30(木) 02:03:04 |
  2. URL |
  3. 3104 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

Re:大相撲(03/21)

3104さん

本当に強くて初めてプライドは持てるってことですかね。

  1. 2006/03/31(金) 01:12:42 |
  2. URL |
  3. GracefulButterfly #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://becomebutterfly.blog40.fc2.com/tb.php/318-5d78e6ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

バタフライ

Author:バタフライ
楽○より移転(2009/04)
自己イメージ:「現在は醜いイモムシ、でもいつか華麗な蝶々へ」 元々この日記はそれに基づいて、日々の色々な気づきを書いていこうとしていたんですが。 現状は雑感になっています・・・。 時に真面目、時に不思議で。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

出来事 (311)
妄想的雑感 (432)
気づき (168)
ニュースより(まじめ) (1)
ニュースより(雑) (1)
音楽 (7)
映画 (1)
投資 (4)
カテゴリ未分類 (40)
未分類 (0)

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。